フローリングワックスをすればピカピカの床に変身

床
フローリング

新築住宅には必須技術

フロアコーティングをすると、美しい床が長期間継続し、メンテナンスも楽になるといったメリットがあります。硬い被膜を作るフロアコーティングによって床材が保護でき、紫外線や水分や酸素といったダメージからも守ることができます。

フローリング

フロアに樹脂塗料を塗布

フロアコーティングの仕組みは単純で、樹脂を塗布して床材を保護するものです。フローリングの耐用年数を延ばし、張り替えにかかるコストを大きく抑えるというメリットがあります。定期的に業者に施工を依頼し、床を大事に使っていきましょう。

室内

新築の状態を保ち続ける床

新築物件の真新しさを維持するためには床が重要となります。汚れが目立つ色は避けて、見栄えの良い明るい木目調の床を選ぶと良いでしょう。そして傷や汚れ、日焼けから守ってくれるフロアコーティングを新築の段階から行うことです。

ワックスがけを依頼する

ハケ

業者選びは重要です

木製の板やパネルなどを床材としたいわゆるフローリングは、施工費用が安上がりに済むというメリットがある一方で、フローリングワックスを何度も塗らなければならないという宿命があります。特にキッチン周りは食卓のイスによる擦り傷や、調理の際の水しぶきの影響を受けやすく、フローリングを保護する為にフローリングワックスは不可欠です。家庭用のワックスも安価に手に入るので自分で塗り替える人も多いですが、きれいに仕上げようと思うと意外と難しい作業です。掃除や後片付けなどを含めると、休日返上で丸一日作業になってしまう事もあります。ワックスがけに時間も手間もかけたくない、そんな人は専門の施工業者に依頼してみましょう。作業スピードや仕上がりは、素人とは比べようもありません。施工費用は自前で作業するより高くなるので、頻繁に依頼するのは難しいかもしれません。日常的な手入れは自分で行い、時折業者に全体を施行してもらう、というのが一般的な流れです。ここで大事になってくるのは、施工業者の選び方です。やろうと思えば自分でも出来る作業を依頼するのですから、納得のいく仕上がりにしてもらえなければ意味がありません。一番初歩的なのはフローリングワックスを始め、フロアコーティングを専門的に扱っている施工業者を選ぶことです。施行に特別な資格は不必要なので、専門外の業者もフローリングワックスを扱っていたりします。専門業者は作業ノウハウが豊富であり、見た目だけでなく施工後のフローリングワックスそのものの持ちも変わってきます。一つポイントとして、施工業者にアポをとって会社を訪問するという方法があります。見てくれだけという会社は訪問されるのを嫌がる事が多く、しっかりとした業者であれば丁寧に対応してくれます。実際に行くかどうかは別として、訪問してもいいかどうか問い合わせてみてその反応を確認してみてもいいでしょう。