住環境が快適になります

男性

玄関のチャイムをテレビモニター付きインターホンにすると、防犯対策が簡単にできます。録画機能や夜間の照明が付いたり、カメラが広角に動くものも開発されています。リニューアルをするためには、電気工事士の資格を持った者が対応してくれるので安心です。

詳しく見る

住居の安全確保と専用機器

ウーマン

インターホン交換は機器の種類や住居タイプにより、交換を依頼する事業者を吟味することが必要になります。専門業者に依頼する際には設置工事の詳細や各種の機能との連動性がポイントになるbので、対応可能な事業者を選択することが必要です。

詳しく見る

専門業者に依頼する必要性

作業員

インターホンのリニューアル工事は素人でも無理ではありませんが、防犯性を期待するのであれば、専門業者にきちんと設置してもらった方が安心できます。費用は交換だけであれば1万円程度ですので、それほど高いものではありません。

詳しく見る

事前にすべき確認事項

インターホン

インターホンの交換は自分で出来る簡単なものから、工事が必要となるものまであります。新築で家を建てた場合に、既設の配線にAC100Vが通電されているのがほとんどです。その場合には自分で配線する事は止めて、工事費用が掛かっても必ず電気業者にお願いする必要があります。

詳しく見る

取付は業者に依頼が確実

男性

インターホンをリニューアルする時には、電気工事になりますので、資格が必要です。素人が行うと事故の危険もありますし、将来の漏電、火災の危険もあります。また、新機能のインターホンを提案してもらえるという利点もあります。

詳しく見る

便利に活用しよう

インターホン

防犯対策になります

家事などに忙しく、突然インターホンが鳴っても対応が難しいときがあります。知っている相手なら対応したいところですが、訪問販売などの営業の際には、時間を割くのはもったいないこともなります。そんなときにはテレビモニターの付いたインターホンに交換しましょう。カラーで相手の顔が判断できるので大変便利です。また、室内から話しかけることもでき、ヤカンに火をかけているなど、手がどうしても離せないときに役に立つツールが付いています。また、夜間の来客にも対応しています。訪問者がインターホンを押したときにだけセンサーが付いて、相手の顔を照らし出します。これにより防犯上の対策を考慮したインターホンになります。治安の向上を考えるなら夜間モードが付いていたり、より広角で映し出すものと交換しましょう。室内でカメラの角度を変えられるものもあります。一軒家の場合、二階にいるとチャイムの音に気がつかないこともあります。1階のリビングだけでなく、二階の他の部屋にも音が聞こえるように子機を取り付けてみましょう。洗濯物を干しているときなど、ベランダからも来客に気づくことができます。複数の子機を各部屋に交換すると、子機同士連絡することも可能になります。家族で食事を始めるときの呼び出しなど、上手に活用してみましょう。交換工事には室内の壁裏にコードを這わせるタイプと、無線で電波を飛ばすものがあります。設置場所によって対応が異なるので事前に相談しましょう。