事前にすべき確認事項

インターホン

配線方法の確認

インターホンを今主流のテレビドアホンに交換する場合、簡単に交換出来る場合と出来ない場合があります。インターホン交換時には、今の機種から簡単に交換が出来るか確認する事が必要になります。現在使用している機種がチャイムやインターホンの場合の確認事項。・室内側の機器に電源コードと電源プラグが付いているか・電源コードを使わず、乾電池を使用しているか購入前にはこの上記の事項を注意して確認する必要があり、使用状況を満たしていれば手軽にインターホンをテレビドアホンに交換する事が出来ます。しかし、電源コードも乾電池も使用していない場合が有ります。これは既設の配線にAV100Vが通電されていると考えられ、誤って機器をつなぐと機器が壊れたり配線事故を起こす可能性があります。既設の配線にAC100Vが通電されている場合には、電気工事士の資格を持った方でないと取り付ける事が出来ないので注意が必要で、必ず電気工事会社などにお願いする事が求められます。配線方法を確認せずにテレビドアホンを購入してしまい、AC100V電源を接続端子に接続して機器を壊してしまったり、感電したりする事は良くあるので、既存の接続方法で取り付け可能か否か確認しておく事が必要です。また、マンションのオートロックや電気錠など、集合ドアホンと連動している場合があります。この様な場合には個人や量販店で交換する事は出来ず、管理組合などにお願いする必要がある事を覚えておく必要があります。