フローリングワックスをすればピカピカの床に変身

男性

新築の状態を保ち続ける床

室内

色とコーティング

新築の物件に入ると当然ですが、室内どこを見渡しても新しくて綺麗で、新築特有の香りが心地よいですよね。そんな新築物件も人が住むことで壁や床が徐々に汚れていきます。こまめに清掃しても新しさというものは失われていくことになるのは忍びないですよね。なるべく新築の状態を維持させるには建築の段階から取り掛からなければなりません。床を汚れや日焼けから守るための最善の方法はフロアコーティングです。しかも新築の段階でやっておくことが大事です。ワックスと違い、フロアコーティングは高耐久性のある協力な塗装で床をコーティングしているので傷が付きにくく汚れや日焼けにも強いのです。お掃除の際も手入れがとても楽ですから新築の段階でフロアコーティングはやっておくべきだと考えます。また床の色も重要です。汚れが目立つ色はこげ茶色と言われており、第一真新しさには適さない色なのです。理想的な色としては明るい木目調が望まれます。汚れも目立たず清潔感を感じる色合いだからです。明るい色なら他にもありますが、新築さと高級感を演出させるのであれば木目調しかありません。床のフロアコーティングと色の選定は室内を長く綺麗に保つためにも重要なのです。フロアコーティングは個人で作業ができるようにと市販のものも販売されています。しかし、業者へ依頼することによって、作業にかかる準備や費用、手間などをすべて省くことができます。また、綺麗に仕上げてもらえるため、失敗する心配もなくなるため、専門業者に依頼するとよいでしょう。