フローリングワックスをすればピカピカの床に変身

男性

新築住宅には必須技術

フローリング

新築時の状態が継続

フロアコーティングをすると美しい光沢のある床を長期間得ることができるため、新築の住宅では必ずフロアコーティングをしてから施主に引き渡すハウスメーカーもあるほど現在のポピュラーになっている施行です。都度ワックスをかけるのに比べて一回当たりの費用は高くなりますが、長い目で見るとフロアコーティングの方が安価となり、何よりもメンテナンスが楽になるといったメリットがあります。住宅の床は、毎日その上を歩かれたり、日光や照明に照らされたり、重いものがおかれたり落とされたりと常にダメージを受け続けています。ほとんどの床は木材でできているため、ダメージとともに経年劣化も進んでいきます。木材の上に硬いコーティングをすることによって、床がダメージを受けるのを防ぎ、コーティング剤によっては紫外線をカットしてくれるものもあります。コーティング剤が木材に染み込み、空気と完全に遮断してくれるため酸化の影響を受けない利点もあります。フロアコーティングによって床面が滑らかになることからゴミが溜まりにくく、水や薬品にも強いため拭き掃除で簡単に掃除を終えることができます。時間がなく掃除にかける時間が取れない現代人にとってフロアコーティングは、必須の技術になってきています。シックハウス症候群やハウスダストや薬品などによるアレルギーについても安全性が保障されていて、フロアコーティングが日本で普及し始めてまだ10数年ほどしか経過していないにも関わらず、床にはフロアコーティングをすることが当然のようになってきています。